中等症からの死亡が多い原因

 第3波感染拡大が騒がれる状況で、重症者数、死者数も徐々に増加している。しかし、それでも本当の意味でのパンデミック、欧米諸国の危機的状況と比較すると桁違いの静かさであり、日本国内で考えてもインフルエンザの例年の流行状況と比較しても同等レベルかそれ以下であるのが統計数字上の事実である。第1波と比較しても医療処置の進歩が確実だと思われる。

 それだけを考えると、何を大騒ぎしているのだろうかと思えるのだが、死亡に至る経緯は、私自身も解せない数字が存在する。それが中等症からの死亡が多いことだ。普通は、重症を経て死亡に至る。しかし、新型コロナの場合、中等症や軽症からの死亡者が多いというのは、不思議な現象であり、信じられなかった。

 多くのメディアは、中等症や軽症からの急変だと言う。実は私も、それ以外の可能性は無いと感じていた。

 疑問だったのは、当初の急変メカニズムは、症状の悪化がステルス性で進行し自覚症状が無いまま悪化していくことにあったが、それ自体はパルスオキシメータによる血中酸素濃度をトレースすることで早期検出が可能になったはずだったのに、何故だろうかということだった。臨床経験により、その急変は対処可能になったはずだったのに、未だに中等症・軽症からの死亡が多いことは謎なのだ。何か、別のメカニズムによる急変現象があるのだろうか。

 しかし、そのカラクリが解けた。その理由は、看取りであった。

 私自身も母を昨年亡くした。看取りであったので良く事情は分かる。母の場合、大病の百貨店の様に数々の病を患った。持病としての喘息を持ちながら、最初の大病は平滑性筋肉腫。手術による切除から、抗がん剤治療、放射線治療を受け完治した。その後、心臓病を患い、弁置換とバイパス手術を同時に受けた。この時点で障碍者に認定され、生態弁の寿命もあって余命を宣告されたような状態であった。しかし、そこから元気に回復し日常生活は何の問題もなかった。その後、両目の白内障手術を経て、転倒時の外傷性による脳の硬膜外出血により緊急手術を2回受けた。その後も喘息の緊急入院を年1~2回のペースで繰り返したが、それでも元気に振る舞っていた。ある日、一人で外出中に倒れ、緊急入院した時は、体中に管が通る危篤状態だったが、何とか回復してリハビリ病院に転院した。しかし、その時点で嚥下障害もあり、胃ろう手術を施さざるをえなかった。リハビリを経て、一般の施設に移り回復して胃ろうも外せるまでになった。このことは、医師や介護師からは奇跡だとも言われた。それでも24時間ケアが必要で、施設を移ったが、健康状態でありながら、いつ何が起こっても仕方がない状態になっていた。家族として医師とも相談し、ここまで頑張ってきた母に既に高齢になっている状態で、これ以上無理させるのは忍びない状態でもあり、看取りをお願いするに至った。それでも、その状態から1年以上無事に過ごせたが、徐々に弱っていく様が見て取れ、ある日朝食は元気に取ったものの、昼過ぎに静かに永眠した。既に平均寿命を大きく上回った大往生であった。看取りとは、その時点でも延命処置をしていれば管に繋がれた状態でも少しは延命できるのだろうが、そんな選択肢は取れなかった。

 命の重さは言うまでもないが、看取りに関しての是非は家族以外には語れないし、語る資格は無いと思う。経験した身でなければ分からないかもしれないが、それ程重大な決断なのだ。

 看取りを決断して、その状態で新型コロナに感染した場合どうなるか、容易に想像がつく。通常の介護、医療処置で軽症や中等症までは対処可能だろうが、看取りを決断する状態であれば、かなりの確率で重症化するだろう。しかし、その時点でECMOに頼ろうとは決して思わないしそれが看取りだ。例え、ECMOを使おうとも、数日の延命が精々で、厳しい状態に変わりは無く、苦しむだけだという判断だ。しかし、一旦ECMOに繋がれれば、重症者からの死亡だが、その処置が為されないので、見た目には軽症や中等症からの死亡ということになる。

 この数字上のカラクリは、聞いてみると納得できる数字であり、決して急変でも何でもないのである。インフルエンザであろうが、風邪であろうとも同様の事象になるのである。

 看取りとは高齢者の寿命が最期を迎える直前の出来事である。スウェーデンの新型コロナ対策が集団免疫獲得を目指しロックダウンなどの行動自粛を行わず死者を多数出しながらも、その大多数が高齢者であり、実は平均寿命が変わらないという状況が起こった。それは、スウェーデンでは従来から看取りに近い最期を迎えるケースが多いという、命に対する考え方の国民性に裏付けられている。

 従って,新型コロナが正体不明の急変で軽症や中等症からいきなり死に至るというのは、間違った情報である。全て世の中の事象には原因があり結果に繋がる。謎があれば必ず答えもある。解明されていないこともあるかもしれないが、新型コロナに関しては、ほぼ解明されてきている。不必要な恐れ方はする必要が無いことを、もう一度認識するべきだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です